So-net無料ブログ作成

「運を引き寄せる」浅見帆帆子(作家) サンデー毎日130203記事(住吉美紀・インタビュー) [元気でハッピーになる秘訣]

「運を引き寄せる」浅見帆帆子(作家)
サンデー毎日130203記事(住吉美紀・インタビュー)130126記録―dbノート1301

「運を引き寄せる」「物事に偶然はない」運について自身の実験に基づいて書かれた本が400万部のベストセラーになっているそうだ。

出会いも全部必然と最近感じます。
ロンドンに留学中にアパート探しながら、運よく良い物件が簡単に見つかったり、なかなか見つからなかったり、運がよくなる行いについて徹底的に実験してみた。

運を引き寄せるに、始めたのがごく当たり前のこと
「周りの人に笑顔で挨拶をする」
「借りている部屋のそうじをする」
「今ここにいること、ありとあらゆることに感謝する」
そんなことを徹底的にやって、不動産屋にいったら、偶然ぴったりの物件がFAXで流れてきてびっくり。
それで
運というものはその人の行いに引き寄せられるものだとわかった。

帰国後、インテリアの仕事をしようと思い、アルバイトでお手伝いをしていた。
自分のイメージと違い悩んでいた時、両親に「あなたが一番いい状態で、幸せに仕事している姿をイメージしなさい」と言われた。

「職種は何でもいいから、うれしい、幸せという感覚をイメージして、あとは今、目の前にある事を一生懸命やりなさい」と言われた。
留学前からやっていた家庭教師をやりながら、やりたいことのイメージを膨らませていった。
夢を実現する時の基本は、一度しっかりビジュアル化したら、あとは心配せずに流れに任せ、目の前のことをプラス思考でやるのがルールであり、すると自然にその波動に近いものが引き寄せられてくる。途中は考えなくてよい。

ある時、家庭教師のご両親から知り合いの会社の会議室の内装を手伝ってくれないかと頼まれ、初めてのインテリアの仕事をした。
ここの社長から「あなたは何をやっているの」と聞かれ、ロンドンに留学して、「運の仕組み」「夢実現のイメージング法」の研究していると話したら、この社長は出版社の社長であり、その話面白いから本にしないかということになった。
家庭教師と出版は全然関係ないがイメージがしっかりしていると偶然がむすびつく、道はどこかがつながっていると思った。1,2冊書いて作家は自分の性格に合っているし楽しいと思った。
運をよくするって、潜在意識とか直観とか宇宙の法則につながっている、直感はどうすればさえるのかなどテーマはいろいろある。
対人関係などおもしろい。
すごく嫌な人と出会ったり。
こういう人と会うのはどんな意味があるのだろう。
こちらが変わると相手が変わる。
そういうの、全部自分次第ということがわかると、うまくいく仕組みや宇宙のルールみたいなものがわかると面白い。

この10年で「見えない世界」についてのとらえ方がすごく柔軟になってきた。
スピリチュアルなことが日常の延長にある。
神社に行くのもレイキの高い場所だから、その中にいることで頭の中が整理されたり、自分の周りがお浄めされたりする。

パワースポットブームも一例。
不安の裏返しかもしれない。

震災以降、人の計算とか想像を越える自然の力を知ってしまった。日本人のメンタリティが変わった。 自分の本音に正直に、なったり、大事な事にきずいて生活を変えた人はたくさんいたと思う。 震災以降、臨界点を越えたのではないでしょうか。

たとえば
競争と比較の世界に生きてきた人がそれをしなくても実はみんな幸せになれる考えがあるってきずいた。 これらが本当か本当でないかじゃなくて、それを取り入れると毎日が面白くなるということで充分。
いかに自分軸で物事を考え日々を面白がることができるか、自分に与えられた命ある時間を少しでも充実させられるかが大事になる。
今あるもので幸せになる生き方を選ぶか、不満を言ったり国のせいにしてどんどん暗くなっていくか、選ぶのはその人です。

結婚や離婚もその人の本音で一番いいと思う状態がその人の幸せ。
日本で理想されていたと結婚や主婦の形は女性が我慢して成り立っていたところがたくさんあった。本音に素直になったら自分は結婚しないほうが幸せという人もいる。

他人の価値観を皆が認めるようになるから幸せの尺度はそれぞれの自由となる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。