So-net無料ブログ作成

2030年のニッポン(2)楽しい未来への7つの処方箋 [未来予測]

2030年のニッポン(2)リアルなシミュレーションと対策(週刊朝日20110311まとめ))
楽しい未来への7つの処方箋

近接同居―「電話一本で気軽に往来、「通い親子」で3世代ハッピー
育児インフラが足りない、親の介護も同様、最近親と息子夫婦の関係を調べると
45%は親と同じ地域に住み
40%は月に一度親に会っているという。
育児でも介護でも親子間での密なコミュニケーションが必要になってきている。
同居は親も子もいやなのです。徒歩で20分くらいの「居住隣接型」や電車で1時間くらいの「穏やかな大家族」の形態が生まれている。

田舎出身の人は、特別な仕事で無い限り
今より収入が落ちても田舎へ移住したほうが住みやすい。
親を田舎から呼び寄せる方法もあるが、住み慣れた町で古くからの友達に囲まれて暮らすのが幸せであって、親のネットワークを切ってしまうと孤独になってしまう。
空き家や遊休地を生かして介護施設や公園を地域の人が自分で作る

日本は将来移民を受け入れざるを得ないだろう。社会の不安定要素を打ち消すためにも「大家族という形は理想ではないか。

雇用―元気な若者は海外に、日本の職場は「草食系」の楽園に
人口減少の波を大きくかぶるのが若者たちだ。
給与は低いまま、」年金ももらえるかわからない。
終身雇用が崩壊し、非正規雇用が増え手、やる気も失われてきている。
高齢者は費雇用、若者には本採用の仕事を回すように、企業が意識を変える必要がある。

マックの店員は若者からおじさん叔母さんに代わるべきだ。
バリバリ競争して高給を目指す人は世界企業に入って世界で活躍、し外貨を稼いでもらえばいい。肉食系がいい。

国内では伝統工芸に根ざした日本ブランドの軽工業が主流になる。じっくり時間かけて技を磨く。草食系がいい。給与は肉食系ほどもらえないが、落ち着いた生活がある。
国内は日本の技術や文化を生かす楽園にするといい。

ブランドー中国や韓国との競争はムダ、メタルカラーからライトカラーに
元経産省の岸さんが創った、漆塗りの丹頂鶴と太陽の絵が描かれていて、電源入れると太陽が光るという。いくらでも出すから買いたい、という人が入るという。
日本はGDPで中国に抜かれ、家電で韓国に抜かれ始めている。
ものづくり日本は負けられないと考えがちだが、日本に特化したもので勝負すべきという。
漆塗りや焼き物、ガラス工芸など海外から評価される工芸品は沢山ある。
日本の職人さんはどのように海外に売り込んだらいいのかわからない。現代に通用するデザインにもなってこなかった。
ヨーロッパは伝統工芸品を現代に合うようにしてブランド化して成功した。

日本製品の技術、品質は素晴らしいのだからデザインや組み合わせを考えればいくらでも売れるものを創れる。

次に「食」だ。寿司や農作物、化粧品、アニメ、漫画など
中国や韓国と安売り競争するのではなく。日本ブランドのライトカラー(軽工業)中心に変えたほうが見通しはよさそう。

「日本のライフスタイル」も売れると三菱総研奥村氏はいう。
電車の定時運行、親切な接客サービス、安全な暮らしなど。

他国でできるものを必死に作る必要は無い。日本には他に類を見ない素晴らしいものが沢山ある。

働く女性―男社会よ、さよなら、子育てインフラ充実で人材発掘

退職した女性を再雇用する企業は少ない。女性は中小企業や自ら起業するほうがよい。
労働時間に縛られないで、子育ても楽しみながら能力が生かせる分野で稼ぎたい人が多い。
米国では不動産業で働く女性が多い。日本でも年と販売業などで10万くらい稼ぐ人は増えている。

社会保障―もらえない不安を解消「事前積み立て制」を導入しよう。

個人が生涯に払う税金や保険料など「負担」から政府から受け取る「受益」を引いたものを「純負担」というが(内閣府の年次経済報告2005によると)
65歳以上のでは純負担が-4875万円なのに 20歳未満の将来世代は +4585万円となる。 祖父母と孫では損得では9000万円超の世代間格差がある

原因は現在の社会保障が「賦課方式」にあるからです。
現役世代が納める税金や保険料で65歳以上の老齢世代を支えるため、現役人口が減り老年人口が増えると現役負担が増える。
戦前の軍の恩給制度から作られたが、現在では制度破綻する可能性が高い。

そこで解決案として「事前積み立て方式」が小黒教授などから提案されている。

高齢者1人の社会保障費を400万円とすると
2010年では現役2.8人で高齢者1人支えるーーーーー現役1人の負担は143万円
2030年には現役1.8人で高齢者1人支えるーーーーー現役1人の負担は222万円万円

そこで143万円と222万円の平均183万円まで負担を上げて、差額40万円を将来の自分たちのために残す。
財政危機も迫り、保険料だけでなく、老齢世代も負担する消費税により公平に負担することが必要でしょう。



相続―生前贈与か、使い切るかー財産の整理は元気なうちに

日本の個人の金融資産は1400兆円、その大半は60歳以上の富裕層が持っている。 保有する資産は医療費や介護費など将来のリスクに備えたもので、おいそれと消費できないものだ。日本の内需が拡大しない原因になっている。
解決案として「相続税の増税」有力な対策として考えられている。 譲与税引き下げをセットにすると、若者世代に所得が移転する。
53年ぶりに本年増税が行われる予定だ。

暮らしー「3丁目の夕日」でわかった、昭和の家庭こそ理想型だ。

映画「3丁目の夕日」の中には、47年前、家の前でのベンチで世間話をして入る姿、空き地で遊ぶ子供の姿、あの時代、人々は将来に希望を持ち明るい21世紀が来ると信じていた。

日本家屋や武士道など日本古来の精錬で美しい文化は、日本の美しい自然から生まれました。私たちはそれらを、経済成長の名の下で破壊してしまった。 助け合いや思いやりにあふれた中に日本の原点がある。
さまざまな人がお互いに支えあい、若い社員を経営者自身が親身に教えるこのが、人口減少社会を豊かに変える術だと思っている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。