So-net無料ブログ作成

遺贈とは何か(何もしないと、相続扱いになり、遺産は会ったことも無い親戚や役所にわたることになる)(遺産を自分の意思で社会の役に立てる) [老後起きるさまざまな問題の解決]

遺贈とは何か(何もしないと、「相続扱い」になり、遺産は会ったことも無い親戚や役所にわたることもある)(自分の意思で遺産を社会の役に立てる)

2010年10月4日のNHKで「無縁社会」について特集があった。
テーマは「遺贈」、特に子供のいない資産家の方の場合に、一生かけて蓄財した財産を死後どう生かすかは考えておかないと、痴呆になったり、ぽっくり逝ったりすると、自動的に「相続になってしまう」ということで、相続法に基づいて、処理される、したがって、犬猿の仲の兄弟やいじめられた祖父母や甥姪などに大切な財産が法律に沿って渡るということです。誰も該当者がいないと行政へ寄付されてしまうようです。
番組ではある夫婦の物語で、共稼ぎであった奥さんが最近なくなって、奥さんが親戚でもほとんど交流が無いし、財産は困っている人のお役に立てたいと遺言を残したそうで、だんなさんが奥さんの遺言に沿って遺贈している事例であった。
お金が無くって学校へ行けない子供へ奨学金、海外の子供へのワクチン費用、あしながおじさん(交通遺児)、海外の「XX医師団」その他のようで、特に救急車をプレゼントしたら、相手が奥さんの名前を付けてくれて「XXX号」と奥さんが社会の役に立っているのが、名前で確認できてうれしいといっていました。
遺贈は自分の意思を亡くなった後にも生かせるシステムで、内容を良く知っておいて損は無いように思います。
NHKの放送によると最近、子供がいても、遺贈が増えているそうです。
そういえば、先回の同番組で、親の遺骨を子供がどうしても引き取らないで、無縁仏になっている事例の紹介がありました。遺産はもらうが、遺骨はいらない、無縁社会というのでしょうか。
家族の間でも親子の縁、夫婦の縁も弱くなってきているのでしょうか。
世界第二の経済大国になったものの、何か最も大切なものをなくしているのではないでしょうか。

参考資料

「相続」と「遺贈」の違いはなんでしょうか。

相続とは、なんら手続きを経ることなく当然に、被相続人の財産が相続人に引継がれることをいいます。
これに対し、遺贈というのは、遺言によって、遺言者の財産の全部または一部を贈与することをいいます。
一般的に遺言書では相続人以外の者に遺産を与える場合に「遺贈する」という表現をしますが、相続人に対しても遺贈することはできます。

遺贈する者を 遺贈者 といい、遺贈によって利益を受ける者を 受贈者 といいます。
受遺者は、遺言の効力発生の時に生存していなければなりませんので、遺言者の死亡する前に受遺が死亡している時は、遺贈の効力は生じません。

   遺贈の種類

一つは、「全財産を贈与する」とか、「遺産の4分の1を与える」というように一定の割合を示してする遺贈を包括遺贈 といい、一つは、「甲土地を妻Bに与える」というように特定の財産を指定してする遺贈を 特定遺贈 といいます。
注意すべきは、包括遺贈は相続財産の個々の物件に対してのものではなく、全体に対する割合です。たとえば、A土地の2分の1を遺贈するというのは、全体に対する割合ではなく、特定の物件に対する割合ですから、これは特定遺贈(特定物の不特定遺贈)です。

法定相続人でない者への包括遺贈の場合の場合、遺産分割協議に受遺者も加わることになります。そのため、他の相続人から反感を招くことも往々にしてありますので、特定遺贈にしておいた方がもないといえます。

   遺贈の承認・放棄

包括受遺者は「相続人と同一の権利義務を有する」とされていますので、包括遺贈は相続の承認・放棄に準じて取り扱われますので、遺贈を放棄するには、相続人と同じく3ヶ月以内 に家庭裁判所に申述なければなりません。
これに対し、特定遺贈の場合の受遺者は、遺言者の死亡後いつでも 遺贈を放棄することができます。家庭裁判所への申述は要りません。
※特定遺贈の放棄は、遺贈義務者(相続人)に対する意思表示で行います。遺言執行者がいるときは、遺言執行者が遺贈義務者となります。 意思表示は通常、配達証明付内容証明郵便によって行います。

負担付遺贈 
たとえば、「自分の土地・建物を遺贈する代わりに、妻が死亡するまで扶養すること」といった遺言を残すことです。このように、受遺者となる者に、相続人や第三者のために一定の負担を課すのが特長ですが、受遺者は、遺贈の目的の価格を超えない限度でその負担を履行すればよいことになっています。
受遺者が負担を履行しない場合、他の相続人が、相当の期間を定めて履行を催促し、その期間内に履行がないときは、家庭裁判所に遺言の取消を請求できることになっています負担付遺贈のほか、条件付、期限付の遺贈も可能です。

   死 因 贈 与
遺贈と似たものに 死因贈与 というものがあります。これは、「自分が死んだら乙土地を与える」という「契約」です。契約ですから相手(受贈者)の承諾が必要です。贈与者の死亡によって効力を生じるで、遺贈と類似していますので、民法は「遺贈に関する規定を準用する」と定めています(民554条)。しかし、方式に関しては、遺言の方式に関する規定は適用されません。

    民法554条
「贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与については、その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用する。」 
包括受遺者と相続人のちがい

包括受遺者が「相続人と同一の権利義務を有する」といっても、相続人となるわけではありませんから、相続人と次の点で異なります。受遺者が先に死亡していても、代襲して遺贈を受けることはできない。受遺者には遺留分がない。相続人の1人が相続放棄しても、受遺者の相続分は変わらない。 受遺者の持分は登記しないと第三者に対抗できない(相続人は登記なくして対抗できる) 。 法人でも受遺者になれる。保険金受取人としての「相続人」には、包括受遺者は含まれない。     

  「遺贈する」と「相続させる」のちがい

遺贈は相手が相続人である必要はないが、相続の場合は相手は相続人にかぎられる。特定遺贈の場合、受遺者はいつでも放棄できるが、「相続させる」の場合は相続そのもの(相続全体)を放棄しなければならない。登記手続きについて、「遺贈する」の場合は受遺者と相続人全員又は遺言執行者との共同申請をする必要があるが、「相続させる」の場合は単独で申請できる。
登記のときの登録免許税が違う。遺贈の場合は評価額の1000分の20、相続であれば、1000分の4⇒下表参照
※、現在は、相続人に対する遺贈については、両者の登録免許税は同一のものと改正されていますので、「遺贈する」でも相続と同じ1000分の4です。農地の取得について、遺贈なら相続登記に知事の許可が必要。相続なら不要。(ただし、包括遺贈の場合は不要)借地権・借家権の取得について、遺贈の場合は原則として賃貸人の承諾が要るが、相続の場合は不用。

遺贈と債務

包括遺贈があった場合、その受遺者は相続人と同じ権利義務をもつので、相続債務についても承継することになる。
一方、特定遺贈の場合は、遺言者の別段の意思表示がない限り、遺言者の債務を承継しない。包括遺贈と大きく異なる点である。


  遺贈による登記手続

特定遺贈であれ包括遺贈であれ、登記申請は、受遺者を登記権利者、遺贈者を登記義務者とする共同申請による。その場合、遺贈者は死亡しているので、遺言執行者がその代理人となり、遺言執行者がない場合は相続人全員が登記義務者となって申請することになる。

参照:http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/izou.htm
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。